EDとうつ病

EDは、他の病気の投薬によって引き起こされることがあります。良く知られているものに、うつ病の治療薬である「デプロメール」などの抗鬱剤によって起こる、勃起不全症状です。抗鬱剤や、精神安定剤は、中枢神経に作用して、性的な刺激に対する反応を抑制する副作用があるものが多いので、精神疾患の治療のための投薬で、EDが起こることは比較的よくあることです。これは、投薬が原因の副作用ですから、投薬を止めればすぐにEDの症状は治まります。このような、投薬されている薬が原因のEDを「薬剤性ED」という別のカテゴリーに分ける場合もあります。

一方で、うつ病にそのものよって、直接的に、性交渉への意欲が極度に減退したり、ED症状が出る場合もあります。

うつ病そのものは「心の風邪」と言われるくらい、誰でもかかりうる疾病であり、その原因に大きなストレズがかかることが挙げられています。近年になって、うつ病と男性ホルモンの減少には相関関係があるという指摘がされるようになり、働き盛りの男性が仕事上の悩みを抱え、更に男性ホルモンの減少によって、意欲の減退が重なると、それらが引き金になり、ストレス処理ができなくなってうつ病を発症するというメカニズムが解明されつつあります。この場合のEDはうつ病によって、性欲が減退したことによる、二次的な症状と言う見方もされているようです。

 

▼次へすすむ


1/2/3/4/5/6/7/8/9/10

Copyright(C) 2013 EDってなんぞや? All Rights Reserved.